書架とラフレンツェ

読書記録メモです。ネタバレがバリバリです。

2015-01-10から1日間の記事一覧

橘玲『タックスヘイヴン』幻冬舎

本著者の十八番である国際金融ミステリ。とは言ってもゴリゴリのハードな金融話ではなくて、主軸となっているのは人間ドラマだ。そんなところも実に橘玲らしい。 古波蔵佑と牧島慧のダブル主人公で、交互に話が進んでいく。二人は高校の同級生で、古波蔵はプ…